二泊三日の小倉競馬ツアー 初日

7月27日、28日、29日の三日間で小倉競馬場に行ってきました。メンバーは4人でいずれも競馬の大先輩です。僕は競馬歴27年ですが、大先輩方は競馬歴50年以上ですから僕などひよっこです(^^ゞ

久しぶりの飛行機に興奮気味

飛行機に乗るのは何年ぶりだろう?っていうぐらいなのでちょっと興奮気味で家を出ました。朝早いリムジンバスに揺られて調布から羽田間は40分弱で到着。チケットはネットで買ったのでチケットカウンターに行って登録番号を入力するだけでチェックインは終了。初めてだったけどスムーズに完了。便利になったね。

出発までに時間があるので朝食を食べにレストランに。一人なので気兼ねなくまずはビールを飲んでサンドイッチで腹ごしらえ。片手には清水成駿監修の競馬本。

搭乗時間になったのでゲートを通って機内へ。自分の席を見つけて座りシートベルトをすると少しテンションが上がる。飛行機が離陸体制に入り徐々に体にGが掛かり、機体がふわりと浮くとえも言えぬ快感。

約1時間40分のフライトで福岡空港に到着。人の波に流されるように出て、待ち合わせの場所に。東京は涼しかったが、福岡は猛暑で空気も暑かった。

4人揃ったところでお昼を食べに佐賀県呼子へ。足は先輩方がレンタカーを借りているでそれに便乗。福岡空港から呼子までは車で2時間弱。呼子では名物の烏賊刺身を頂いた。行った店は有名店らしく、平日にも関わらず順番待ち。休日になるともっと凄いことになるらしい。

呼子の河太郎でイカ三昧

店内に入ると店の真ん中に生簀がドーンとありイカが回遊していた。この生簀を眺めながら名物のイカの刺身をいただきました。お刺身は甘みがあって、歯ごたえがあり美味しい。噛めば噛むほど甘みが増す。いくらでも食べられそうなおいしさ。

河太郎 呼子店 | Retty(レッティ)
イカ好きの聖地、呼子で店内に泳いでいる釣上げたてのお刺身が食べられるお店「河太郎 呼子店」。活き造りの他にイカ焼売、お吸い物、赤だし、そして下足はフライにしてくれる。新鮮なイカは柔らかくて透明。最後にはお口直しにみかんまで出してくれる。

げそと頭は唐揚げにしてもらいました。また、この唐揚げは美味い!唐揚げにすると身がふわふわになり甘みが増す。塩を軽くて食べると塩とイカの甘さのバランスが良くてこれまたいくらでも食べられてしまった。

伊万里 大川内山 風鈴の音色で涼む

お昼を食べたあとはホテルのある福岡市内に戻るだけでしたが、伊万里焼の窯元が近いということで大川内山の窯元の集落がある行ってきました。この時期は風鈴祭りというをやっていたので至る所に風鈴があり、涼やかないい音色を出していました。

伊万里鍋島焼会館の駐車場に車を止めて、窯元を見て回ろうとしましたが、いかんせん暑くて有名な虎仙窯だけ見て、伊万里鍋島会館に戻って珈琲を飲んで帰りました。僕はもう少し見て回りたかったけど、大先輩方は興味がないようなので・・・。

博多祇園鉄なべ 餃子三昧

夕食は博多祇園鉄なべで餃子をいただきました。大先輩は博多でも勤務していたこともあり博多通なのでこちらのお店を予約してくれていました。有名なお店らしいですが、僕らが店内に入ったときはまだ3割ぐらいの入り。それが、30分ぐらいで満席に( ゚Д゚)

博多祇園鉄なべ (祇園/餃子)
博多祇園鉄なべ (祇園/餃子)★★★☆☆3.58 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

ここに来たら餃子をいっぱい食べようということで餃子を注文。メニューをみると実にシンプルすぎるぐらいに品が少ない。でも、凄い人気なんですね。壁のあちらこちらに有名人の写真が貼ってありました。

有名な鉄鍋餃子ですが、5人前40個で鉄鍋がいっぱいに。これを4人で2つですから80個食べました。餃子ひとつの大きさは小さいですが、さすがにお腹いっぱいに。「若いからもっと食べて」と言われたが僕も54歳ですから(^^ゞ。しかも、普段は小食なので必死に食べましたよ。

餃子を食べた後は競馬新聞を買いに博多駅に行きました。しかし、駅の売店がない(@_@)。駅のインフォメーションで聞いたところ売店はなくなりコンビニに変わったようです。しかたがないのでコンビニを探して競馬新聞を買いました(^^ゞ

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする