デル アンバサダープログラム その後の使用感について

10月8日にデルからモニター用パソコン『XPS13』が届いていろいろと使ってみました。僕は主に競馬とブログ更新で使用していますので、その使用感について書いてみます。

Dell アンバサダ - Dell Japan
Dell アンバサダーサイト - Dellから最新の製品情報やイベント情報をお届けします。

競馬用として最適なノートPC

はっきりいってXPS‐13ほどのハイスペックのノートPCは競馬用ではもったいないですが、競馬最強のソフト「Target frontier JV」を使うなら最適だと思います。例えば、先日通算4000勝を達成した武豊騎手の4000勝の戦歴データをレース検索を使って集計してみると、集計時間は3分33秒でした。これは、僕が使っているデスクトップパソコンよりかなり速いです。

ターゲットを使ったパソコン競馬をする人にとっては、XPS-13は非常に使い勝手のいいパソコンだと思います。今回はモニター期間中に競馬場にもっていって使用することができなかったのは残念です。バッテリーのもち具合とか、Wi-Fiの感度とかも試してみたかったです。家で使用している分にはWi-Fiの感度もよくストレスなく使用できました。

JRAのHPよりレースリプレイ映像を見ましたが、特に問題なくサクサクと再生してくれました。

エクセルが入っていないのは残念

競馬ソフトのターゲットは集計データをCSV出力できるので、いつもはエクセルで分析をしていましたが、モニターのパソコンにはエクセルが入っていませんでした。過去30年分のデータだとデータ数が3万件以上になるのでエクセルでの動作確認もしたかったです。

総評

サイズ、スペックは使いやすくていいです。ただ、用途を考えるとコストパフォーマンスはよくないと思いました。これで、もう少し安いと買いたいパソコンになりますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする