2019深大寺周辺の桜 深大寺通り、野川沿いの桜並木、青渭神社など

スポンサーリンク

昨日、千鳥ヶ淵の桜が満開になったというニュースを見たので、近所の深大寺周辺の桜はどこまで咲いているのか気になったので見てきました。今日は、曇り空で北風なので花見にはちょっと寒いですね。それでも、花見客と思われる人たちがちらほらいました。

深大寺通りの桜並木

武蔵境通りから深大寺通りに入ると桜並木が続きます。この通りはお蕎麦屋さんも多くあるので、花見の週末になると渋滞になります。今日はまだ2分咲きといったところでしょうか。週末にかけて暖かくなれば満開になるかもしれませんね。

野川の桜並木 武蔵境通りと三鷹通りの間

武蔵境通りから三鷹通り方面に野川沿いを行くと桜並木があります。撮影のポイントは中央高速の高架下よりも手前にある、歩行者のみが通れるぐらいの橋がある場所です。ここから武蔵境通りに見る桜はなかなかいいです。この寒い中、花見客がいました(^^ゞ

野川沿いの桜のライトアップポイント

野川沿いを下っていくと、毎年、一日だけ桜のライトアップが行われるポイントがあります。昨年は4万人以上の人出があるほどの有名な桜のライトアップです。私も一度だけ、見に行ったことがありますが、ライトアップされた桜は綺麗でしたね。

今年のライトアップはまだ発表がありません。今日のところはまだ2分咲きの桜がほとんどですが、木によっては8分咲きもありました。

青渭神社の桜

深大寺の斜め裏、深大寺小学校の脇に青渭神社があります。ここにある桜も満開になると見ごたえがあります。特に散り際がいいです。路面一面に桜の花びらがあって綺麗です。

神大植物公園通りの桜並木

深大寺裏にある神大植物公園は桜の名所で有名です。その脇を通る神大植物公園通りの桜並木もなかなかのスポットです。深大寺を散歩するなら、境内の裏を抜けて神大植物公園通りまで歩くのがおすすめです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする