優勝争いより巨人の監督就任問題

スポンサーリンク

ペナントの優勝争いよりも巨人の監督問題の方がスポーツ紙にとっては大事らしい。星野仙一氏の時もそうだがサンスポは早くも「次期監督は原辰徳氏」のようなニュアンスの記事を書いている。他紙を読んでみるとまだ本決まりではなさそうだし、勇み足で読者をあおるのはいかがなものかな。
星野仙一氏が監督になれば来期のセリーグは盛り上がること間違いないだろうけど、他の人ならば何もかわらないと思う(人事の権限が制限されるだろし、常に上層部に縛られているから)。それと、セリーグはプレーオフの導入が2007年になったしね。巨人の次期監督問題はメディアだけが盛り上がっているように見えてしかたがない。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 原辰徳、巨人監督就任を受諾か、それとも拒絶か?

    原前監督が揺れているそうだ。サンスポとスポニチで見方が極端に分かれた。巨人の次期

  2. 星野仙一SD、阪神タイガース残留を表明

    「星野仙一SD、阪神タイガース残留を表明」に関連するブログ記事から興味深いものを…

  3. 巨人次期監督は原氏を軸に13日に一本化…星野氏破談で新展開

      巨人が次期監督として就任を要請していた阪神・星野仙一オーナー付シニアディレクター(58)=SD=が来季も阪神に残留する意向を表明したことを受け、 招聘(しょ…