【W杯ドイツ大会】一瞬、夢を見たよ

前半34分に玉田がゴールを決めた時は嬉しかったね。ブラジル相手に先制ゴールだから興奮せずにはいられなかったよ。“もしかして、まさかこのまま”と夢を見たものの前半終了間際にロナウドのゴールで夢から覚めてしまった。後半はブラジルに一方的に攻められて3点追加されてしまった。技術、精神力、スタミナとどれをとってもブラジルに劣っていたね。「脚が攣っても」と川口能活は行っていたが脚が攣る前に精神が挫けてしまったな。これが、現実なんだよな。
ブラジル 4-1 日本
2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする