高校野球が面白くて競馬どころではない

スポンサーリンク

午後1時のプレイボールからテレビにかじり付いて見てしまった。競馬は始まっているけど、競馬にチャンネルを換えた瞬間に点数が入ったらどうしようと思うと競馬どころではない。おかげさまで札幌記念だけは見る事が出来たが、他のレースはチラチラと見ただけだったよ。
駒大苫小牧と早稲田実業の決勝戦は息詰まる投手戦だった。お互いに一歩も引かず、ピンチになると集中してキッチリを抑える。駒大苫小牧の田中投手が剛の投手なら、早稲田実業の斉藤投手は静の投手と言ったところか。それにしても早稲田実業の斉藤投手はそれほど身体が大きくないのに140キロ台の速球をビシビシ投げるよ。原点投球がシッカリ出来ているし、インコースにもシッカリ投げられる。15回を投げてもコントロールは出来ていたが明日は4連投になるからね。どこまで駒大苫小牧打線を抑えられるかだろう。
明日は仕事だが午後1時からは気になって仕事どころではないナ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする