『灰夜 新宿鮫Ⅶ』 大沢在昌

BOOK

 鮫島に遺書を残して自殺した宮本の7回忌に出席した鮫島だったが、勘違いから事件に巻き込まれて絶対絶命に。直接、宮本の遺書に関することではないが、宮本の地元で起きた麻薬取引と北朝鮮絡みの問題。公安と麻取とが絡んでくる。新宿から離れた場所で鮫島が事件を解決?していくわけだが時間軸が短いので緊迫感があっていい。やや強引な話の展開だが、こういう新宿鮫があってもいいだろう。ただ、最後の結末は見事すぎて・・・・。広げた風呂敷をたたむのではなく一瞬でどこかに行ってしまうような感じだった。
【登場人物】
 鮫島 通称「新宿鮫」、新宿署防犯課 警部
 古山 宮本の友人
 木藤 宮本の友人
 古山栞 古山の妹、宮本の元恋人
 平良マリー 古山の恋人
 寺澤 麻薬取締官
 上原 県警警部補
 須貝 公安刑事
 諸富 鹿報会幹部
 井辻 十知会幹部