今日(5月10日)の新型コロナウイルス 東京都では22人の感染者が発生しました。

OTHERS

緊急事態宣言が出され、期間が延長されたので今日で33日目です。今日は妻が新型コロナウイルスの影響でテイクアウトだけやっているお店にバスと電車を乗り継いで行きました。お気に入りのお店で、少しでも応援したいと言うことで。帽子にマスクにサングラスの怪しい格好で行きましたが、バスも電車もガラガラで、乗り合わせた人は間隔を空けていて皆が気を使っているようだと。乗り換えの吉祥寺では日曜日の夕方にこんなに人がいないのは初めて見たと驚いていました。それぐらい、外出を自粛しているということですね。

今日の東京都の新型コロナウイルス感染者は22人

NHK NEWS WEB|NHKのニュースサイト
NHKのニュースサイト「NHK NEWS WEB」。国内外の取材網を生かし、さまざまな分野のニュースをいち早く、正確にお伝えします。ニュース速報はもちろん、現場の記者が執筆した読み応えのある特集記事や、NHKならではの豊富な動画コンテンツも。

今日で8日連続で感染者数が100人を切りました。また、5日連続で50人を切っています。感染者が大きく増加せずに推移しているのは凄いですね。東京都内で感染が確認された人は4868人になりますが、入院中は2518人で、約2週間前の4月25日の入院中が2766人なので248人減っています。感染者数が一番多い東京都がこのような状況になったのはいいことですね。感染者数が少ないとPCR検査数が少ないからという人がいますが、死亡者数がすごく多いわけでもなく、入院している人も多くなっているわけではないので、皆が頑張って予防し、自粛しているおかげではないでしょうか。

4月25日 感染者合計 3836人 入院中 2766人
5月10日 感染者合計 4868人 入院中 2518人

東京都 新型コロナウイルス感染症 対策サイト
2020/10/24 更新: 当サイトは新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) に関する最新情報を提供するために、東京都が開設したものです。

感染者は減っても感染リスクは減らない

日本国内で感染者数は減ってきています。一人も感染者が出ない日は何日も続いている県も結構あるようですね。そうなると自粛を解除して企業活動を行わないと経済が立ち行かなくなるので、人の行動が変わります。となると、感染リスクが高まります。人を介して感染を広げる新型コロナウイルスに効くワクチンはまだないですからね。企業としては最善の予防策をとっての再開になるので、大変なことだと思います。特に密になりやすい飲食・販売系は一度クラスターを出すと当面の自粛になってしまいますからね。私も髪の毛が伸び放題になって散髪したいのですが、お店がやっていません。営業を開始したら、髪の毛ぼうぼうの人が多く行くでしょうから慌てて行くこともできないでしょうね。まあ、何事も気長に待つしかないと思っています。命より大事な用事はないですからね(^_^;)

今日から自宅待機。休業補償はあるものの給料は減ってしまう。

会社から休業するので自宅待機になりますと言われました。休業補償は3ヶ月分の給料の平均から60%を支払いますということに。それか、有給がある場合はそれを当ててもいいと。私は、新型コロナウイルスのワクチンが無い以上は感染リスクがあるので、いつ感染してもおかしくないと思っています。半年後に感染した場合は最低14日休むとすると、今回で有給をすべて使うと感染して休んだ期間は欠勤になってしまうので、それは生活リスクが高いと考えています。だから、今はお給料が減ってもとりあえず60%は保証してくれるので、0になるよりはいいかなって思っています。

休業手当−なるほど労働基準法
労働基準法の休業手当について、会社の都合で休ませたときは、賃金の60%を支払わないといけません。