ガーミン FOREATHLETE 55とiPhoneアプリ「adidas running」のGPSの誤差

GARMINランニング

ガーミン FOREATHLETE 55を購入して初のランニングをしたので、これまで使っていたiPhoneのランニングアプリ「adidas running(旧RUNTIC)」と距離などがどのぐらい違うのか調べてみました。

距離の誤差は約200m

ガーミンのアプリとadidas runningは連携できるので、ガーミンで計測したデータをadidas runningと同期できます。これで、adidas runningに蓄積されているデータと共有できます。

ガーミン FOREATHLETE 55とiPhoneアプリ「adidas running」を同時に使って計測した結果が下の画像です。スタート時間はアプリのほうがやや早めでしたが、ほとんど走っていません。距離の差は約200mほどこれまで使っていたadidas runningよりもFOREATHLETE 55のほうが長くなっていました。

また、計測データも違いがありました。FOREATHLETE 55は心拍数のデータを測定しているので、それをadidas runningで表示しています。

FOREATHLETE 55を購入しようと思った理由が心拍数を測れることだったので、adidas runningに取り込むことが出来るのはよかったです。

 

ガーミン FOREATHLETE 55とiPhone XsのGPSは同じ

ガーミン FOREATHLETE 55の衛星測位システムはみちびき(日本)、GLONASS(ロシア)、ガリレオ(欧州)に対応。iPhone Xsはみちびき(日本)、GLONASS(ロシア)、ガリレオ(欧州)とGPS(アメリカ)に対応しています。

衛星測位システムのことをGPSと呼んでいると思っていたのですが、GPSはアメリカの衛星なんです。

GPSとみちびきの違いとは?衛星測位の種類やGNSSの原理も紹介 | リンキット マップス
GPSをはじめとする衛星測位は、スマートフォンに搭載されたことから、私たちの生活に身近なものになっています。近
各国の測位衛星

以前はガーミンのほうが短く計測していた。

Runtastic とガーミン235JのGPSの誤差を100km走って比較
ガーミン ForeAthlete 235Jを購入して1カ月以上が経ちました。毎日、朝から夜までお風呂に入っている時以外はずっと腕に巻いていますが、とにかく健康面でのモチベーションを高めてくれる時計ですね。 さて、Fore

上のサイトを見ると、2017年にガーミン235JとRuntastic(現adidas running)の両方で計測しています。これを見ると、100キロ走ってガーミンのほうが約2.7キロ短く計測していました。

どちらか一方を使っていればわからないことですが、機種やアプリによって距離測定はズレがあるようですね。

 

GARMIN(ガーミン) ForeAthlete 55 心拍 歩数 防水 軽量【日本正規品】
ForeAthlete55は初心者から始められる簡単で使いやすいGPSランニングスマートウォッチです。超軽量コンパクトなボディに光学式心拍センサーなどランニングに必要な機能を備えています。無料のGarminCoachトレーニングプランを利用して、パーソナルコーチのアドバイスを得ることもできます。スマートフォン連携機能や