ソフトバンクの光BBユニットをE-WMTA2.3からE-WMTA2.4に交換

ソフトバンク

最近、5Gの繋がりが悪くなってきたように感じたのでソフトバンクのサポートに連絡して相談してみました。すると、使い始めて5年以上たっているので機械が劣化しているかもしれないので交換してくれることに。

意外とすんなり交換に至ったので嬉しいような拍子抜けのような。

機種は現在使っているものならすぐに配送しますが、新型は1週間ほど時間が掛かりますという。1週間待てば新しい機種になるのですから、当然待ちました。

最新のモデルはE-WMTA2.4

ソフトバンク光BBユニットの最新モデルはE-WMTA2.4です。交換前はひとつ前のE-WMTA2.3なのでひと世代新しいだけです。サイズは高さが少しだけ大きくなっていました。

 

 

E-WMTA2.4は伝送速度がE-WMTA2.3よりも2倍近く速くなるようです。実際にWi-Fiのスピードテストをしてみました。スピードテストはいくつかのサイトを使って実施してみました。

 

交換前 E-WMTA2.3

交換後 E-WMTA2.4

 

交換前 E-WMTA2.3

交換後 E-WMTA2.4

 

交換前 E-WMTA2.3

交換後 E-WMTA2.4

 

交換前 E-WMTA2.3

交換後 E-WMTA2.4

 

伝送速度は改善された。特にアップロードの速度が速くなった。

いくつかのサイトでスピードテストをしましたが、伝送速度は確実に速くなりました。特にダウンロードの速度が速くなりましたね。

私の場合は動画を見たり、オンラインゲームをするわけではないのでこれで十分です。有線にすればさらに速度は速くなりますが、利便性を考えるとWi-Fiで十分。

古い光BBユニットは着払いで返却

送られてきた新しい光BBユニットの中に、佐川急便の着払い伝票がついているのでそれに自分の住所を記入して、佐川急便の営業所に持ち込むだけ。

サポートからは返却について何も案内はなかったのですが、『新しい機器が到着した月の翌月20日まで』に返却します。