曙がK-1から追放

谷川貞治K-1プロデューサー(43)も、このぶざまな敗戦に断を下した。「K-1戦は当分ないでしょう。もっと練習して、体重を落とさないと。気持ちの面でも負けていた」とバッサリ。曙のK-1マット“完全追放”を宣告したのだ。(SANSPO.COM

WORLD GP2005 ハワイ大会で崔洪万に左フック3連弾を浴びてダウン。これで、K-1は1勝7敗で勝ったのは角田さんとの試合で判定勝ちのみ。あとはほとんどがKO負けだからね。いくつかの試合を見たけど内容はダラダラで勝てそうに見えない。相撲取りの時代から少しも痩せてないから動きが鈍いし、打たれ弱いからこれでは何度戦っても勝てないだろうね。見る方としても勝てるかどうかという試合なら面白いけど、最初から勝てないのが分かっている試合はつまらないよな。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 曙K1引退か?

    1勝7敗。
    これは曙のK1における対戦成績だ。
    K1のハワイ大会で故郷に錦を飾ることもできず、韓国の崔洪万に、全く攻撃ができないままパンチを浴び続け、1…