衆議院解散、総選挙

小泉首相が伝家の宝刀を抜いたね。何が何でも郵政を民営化したいと言うことだろう。衆議院を通過した郵政民営化法案が参議院で否決されるとはね。自民党内で裏切り者が多く出てこうなったわけだが、衆議院の造反議員はこういう結果(選挙で公認されない)は予想していなかったんだろうね。それが、今までの自民党で、小泉自民党は違ったわけだ。他にもやるべき事はいろいろあると言うが、あれこれ手をつけて何も出来ないのがこれまでの自民党なら、ひとつでも公約を実現出来るのならそれの方が僕はいいと思う。
造反議員に対しては徹底的に戦う姿勢の小泉首相は見ていて気持がいいね。それに比べて民主党の岡田党首はなんで民主党が過半数を取れなかったら辞任するの?反小泉というだけでこれと言った政策が無いのにね。党首になったばかりの頃は自分の意見を言っていたのに最近は小沢さんや菅さんや鳩山さんと同じように小泉イジメばかりだね。
●総選挙2005

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする