5番松井-MLB

スポンサーリンク

MLBもいよいよ大詰め。ヤンキースの松井秀喜は最終の20連戦のスタートから5番に入った。そのとたんに3試合で12打数8安打と打ち始めた。松井は巨人時代は4番に座り、常に走者を置いての打席だったわけでやはり2番よりも4、5番で打つのがいいのだろう。打点もあるし、勝負強さもあるしね。昨日の段階で首位のレッドソックスとは2.5差、ワイルドカード争いでは1差と厳しい状況にあるが、松井が5番に入り活躍して逆転のドラマを見たいネ。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. きっかけは松井、追いついたカノー、決めたエー・ロッド〜スモー…

    その瞬間、3塁ランナーの松井は両手をあげ‘ばんざ〜い\(^。^)/’をしていた。4点差を追いかける6回、先頭打者として、ラッキーなダブルを打って出塁していた松井…

  2. ランディが退場になって、相手を軽く見て。

    もう1回から先日のレッドソックスの制球力の球速もなかったRJ。一発病の病が治らず波乱の幕開けか
    と思えば、すぐさま審判に攻撃で退場!!相当208cmの高さから暴…