稀勢の里の気迫勝ち-大相撲秋場所

勝てば優勝に一歩近くハズだった琴欧州は稀勢の里の気迫に押し切られてしまった。立ち会いは五分と見たけど突き放された次の瞬間に引いてしまった。前に出ようとする稀勢の里に対して引いてしまってはダメ。解説の武蔵川親方も言っていたがあの場面では突いて前に出てもろ出しか左を差さなければ。これで、朝青龍と星の数が並んでしまった。直接対決はないのでお互いが勝てば優勝決定戦に持ち込める。朝青龍が負ける確率は低いので、琴欧州が優勝するためには何が何でも千代大海に勝たなければならない。
期待していた稀勢の里がようやくいい相撲を取れるようになってきた。琴欧州戦はもろ出しに来るところを脇をガッチリをしめて差されないようにしたのが良かった。あとは勢いで勝ったようなもの。立ち会いで闘志剥き出しに尻を振るのが何とも勇ましくていいね。顔つきも精悍になって今後が楽しみになってきたよ。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする