ヤンキース大敗でまた同率首位-MLB

松井が久々に3安打したというのにヤンキース投手陣が踏ん張りきれずに大敗してしまった。昨日、試合がなかったレッドソックスに0.5差つけたけど、今日のレッドソックスはダブルヘッダーを1勝1敗としてまたしても同率で並んでしまった。もうこうなると最後のレッドソックスとの3連戦まで優勝争いをしそうだ。今年のヤンキースは打撃陣は好調だが、投手陣が弱いのが難点。点を取っても取っても打たれるからね。投手陣の穴を埋めようと野茂君が来たけど、メジャー昇格はならなかったね。


東地区     勝 負 勝率
ヤンキース   92 65 .586
レッドソックス 92 65 .586
 
中地区     勝 負 勝率
ホワイトソックス94 63 .599
インディアンス 92 65 .586
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 地区Vへ一歩リードだ!!

    2対1としびれる試合だった。ただ締まった試合で流石ヤンキース野球を見せてくれ、昨日の試合とは別のチームのようにも思えた。今日のポイントとしはやはりチャコーン。低…

  2. MLB〜レギュラーシーズン

    メジャーリーグ、レギュラーシーズンも大詰めを迎えています。
    中でもアリーグ・東地区、ヤンキースとレッドソックスの激しい争いは最後の最後まで
    もつれそうですね…