【大相撲春場所】 一皮むけた白鵬

朝青龍との全勝対決は白鵬が上手出し投げで勝った。取り組みをジックリと見たが白鵬は立ち会いから相手をジックリと見て脇を固めて朝青龍に懐に入られないようにした。まわしの取り合いから左四つに。一瞬の膠着状態から白鵬が右手で朝青龍の左足を払うのと同時に出し投げにいった。これがものの見事に決まった。角度によっては朝青龍がフワッと浮いて投げられたように見えたね。今場所の白鵬はあきらかに相撲が変わった。これまでは相手に合わせるようなところがあったけど、今場所は相手を受け止めつつも自分のリズムで相撲を取っているのがいい。何場所か前に朝青龍との対戦では立ち会いで変わって朝青龍が後ろ向きになってあわやのシーンがあったが、あの頃とは相撲が全然違う。先場所、優勝争いしたことが大きな自身につながったような見えた。一方、今場所の朝青龍はこれまでのスピードがない。朝青龍の相撲を取っていないように見える。地力があるからここまで勝っているが今場所は“強い朝青龍”とはあきらかに違うね。
カド番の魁皇と横綱昇進が危うくなった栃東の取り組みは魁皇が意地を見せた。立ち会いからスッと左の下手を取ると、あとは一気の寄り。栃東に何もさせなかったね。いつも、こういう相撲が取れれば魁皇も強いのだが追いつめられないと集中力が出ないのが最近の魁皇なんだよな。残念だがこれで栃東の横綱昇進はなくなったな。体調が万全の今ならまだチャンスはあるので残り4日間を全部勝つぐらいの気持ちでいってほしい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 白鵬に土(大相撲春場所12日目)1敗で再び朝青龍と並ぶ

    「白鵬に土(大相撲春場所12日目)1敗で再び朝青龍と並ぶ」に関連するブログ記事…