2006年5月26日

司馬遼太郎没後10年

司馬遼太郎さんが1996年に亡くなってから10年を経た今でも、その著作は色あせることなく読み継がれ、またテレビドラマ化され人気を博しています。冊子を片手に小旅行に出かけてみるのもいかがでしょうか。
asahi.com

僕が歴史小説にはまったのは司馬遼太郎さんの『竜馬がゆく』を読んでからだった。文庫本で全8巻もあるが夢中で読んだ記憶がある。それからは『梟の城』『尻啖え孫市』『国盗り物語』『燃えよ剣』『功名が辻』『新選組血風録』『翔ぶが如く』『義経』などいろいろと読んだ。最近は歴史小説から遠のいているので久しぶりに司馬遼太郎ワールドに浸ってみるのもいいかもね。

司馬遼太郎記念館
amazon.co.jp 司馬遼太郎


at 17:44 | OTHERS | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。