【W杯ドイツ大会】クリスチアーノ・ロナウドのダンスに痺れた

ポルトガルのクリスチアーノ・ロナウドのあのダンスには痺れたね。ボールを持つと前へ前へと行く姿勢。ゴールを積極的に狙う姿勢。見ていて気持ちがいい。ゴールを奪ったのはPKの1本だけだったが、見せ場はタップリあって面白かったよ。ポルトガルの選手は厳しいファールをもらっても激怒する選手がいない。情熱の国スペインと隣接しているが、こちらは気性が大人しいらしい。主将フィーゴもなんども倒されたけど、怒る事はあっても激怒するほどではなかったしね。こういうサッカーは見ていて楽しい。
ポルトガル 2-0 イラン
2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする