【W杯ドイツ大会】最後まであきらめないメキシコ

2連勝で決勝進出を決めたポルトガル、ここで確実に決勝に行くには勝たなくてはいけないメキシコ。ポルトガルの先制されて明らかにメキシコは焦っていたね。2点目のPKなんかはつい手が出てしまった感じで。しかも、今度はPKを貰ったのに外したり。ひとり退場になってもメキシコの猛攻は変わらなかったけど焦りと疲れとで精度が欠いていた。日本人とをそれほど体格が変わらないのにこれだけメキシコが強いのはなんなんだろうね。技術の差と言ってしまえばそれまでだが、90分間を走り抜く根性が根本的に違う感じがした。メキシコは暑い中あれだけ走り回って10人になっても攻め続けて、負けたけど凄くいい試合だった。
ポルトガル 2-1 メキシコ
2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする