『黒い悪魔』 佐藤賢一

黒い悪魔
先日読んだ『褐色の文豪』の主人公アレクサンドル・デュマの父親を書いた本。何事も力で押しまくって出世をしていくが、独りよがりと出世欲が強くてハチャメチャな人生を送っているが、進退を繰り返しながらも自分の生きる道を貫き通している姿には感動を覚えた。彼をモデルにした『モンテ・クリスト伯』をいう作品を息子が書いている。また、映画化もされているのでこちらは是非観たいと思う。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする