【W杯ドイツ大会】華麗なるサッカーでイタリア快勝

スポンサーリンク

目が覚めたら6時30分でした。全米女子オープンも見たかったけど、先にワールドカップを見ましたよ。
そのイタリアVSウクライナは、イタリアの華麗なるパスまわしと堅守でウクライナに完封勝ち。イタリアはボールに対する反応が速いのと正確なパスまわしでウクライナを翻弄。前半はほとんどイタリアペース。1点を追いかけるウクライナはシェフチェンコにボールを集めるがなかなか上手くいかない。攻めてがないウクライナに対して、いろいろなバリエーションで攻めてくるイタリア。ここまでハッキリと差が出てしまうとこの結果は仕方がないかな。ウクライナも惜しいチャンスは何度かあったけど、試合の流れがイタリアに向いていたね。イタリアの次の相手はドイツですか。これも面白そうだね。ドイツはバラックとクローゼが負傷しているのが気になるナ。
イタリア 3-0 ウクライナ
2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. ussy より:

    さすがに寝ちゃったのね。
    イタリアらしい点の取り方だったから、次が楽しみでしょ。
    FWが調子づいたときのイタリアは怖いっす。

  2. のび太 より:

    イタリアが決勝に進んだね。
    今大会はイタリアらしいサッカーをやっているね。