2006年7月 3日

【全米女子OP】藍ちゃん、厳しい条件に悪戦苦闘

今回の舞台ニューポートGCはリンクスコースと言うこともあり風が強く、しかも初日が順延になったように天候もコロコロと変わる。午前中は雨の影響を受けてコースはズブズブ、午後になると風は強くて芝も乾いてグリーンはカチンコチン。1mちょっとのパットが入りそうに見えないのだから、プレイしている選手は我慢我慢のゴルフだったでしょうね。藍ちゃんは決勝ラウンドの18Hは1アンダー(通算6オーバー)で回ったのでちょっと期待しちゃいましたが、後半の18Hは8オーバーとスコアを落として通算14オーバーで28位タイ。惜しいパットが何度もあったようにショットはいいけどパットが課題だね。2日目が終わった時も「あとはパッティング」と本人も言っていたように、パッティングが課題になった。バーディーがなかなか取れない苦しいゴルフを如何に我慢出来るか、我慢比べのゴルフはプレイヤーの精神力が問われるね。

トップはアニカ・ソレンスタムとパット・ハーストが並んだのでプレーオフ。この我慢比べのコースをもう一度18H回るのですから精神力で強い方が勝つでしょうね。女王アニカ・ソレンスタムが勝つか、それとも全米女子プロで最終日に崩れたパット・ハーストが勝つか。楽しみなんですけど、放送が深夜1時15分~4時25分なんですよね。ちょっと無理そうなので録画するしかないな。

Official Web Site Of The 2006 U.S. Women's Open
tv asahi sports | 全米女子オープン

at 16:06 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。