セリエA不正疑惑

スポンサーリンク

サッカーのイタリア1部リーグ(セリエA)を舞台にした不正疑惑を調べる同国サッカー連盟のスポーツ裁判所の「検察」担当は4日、疑惑の中心となっている名門ユベントスを来季はセリエC1、ACミラン、フィオレンティーナ、ラツィオを同Bに降格するよう要求した。ユベントスは過去2季、リーグ戦を連覇しているが、このタイトル返上も求めた。

CNN.co.jp

準決勝でドイツに勝ったイタリアだがこのニュースを選手達は知っているのだろうか。もっとも厳しい処分の対象となっているユベントスにはGKブッフォン、DFカンナバーロ、ザンブロッタ、MFカモラネージ、FWデルピエロらワールドカップでも活躍している選手ばかり。また、ワールドカップに出場している選手のほとんどが疑惑のチームに所属している。
記事によると「優勝を飾った場合、選手の責任を一定に減じる「善処」を求める声がある」と書いているので選手達は分かっていることなんだろう。そういう事情があっての今回の大会なのだからイタリア選手もモチベーションは常にピークの状態にあると思う。決勝戦は壮絶な戦いになるかもしれないが、そう言う目では見たくなかったな。何もこのタイミングでニュースにしなくても良かったのでは・・・。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする