【W杯ドイツ大会】フランス決勝進出

スポンサーリンク

ジダンのPKで奪った1点を守ってフランスが勝った。フランスのアンリが広範囲に動いて積極的にボールにタッチしているのに対し、ポルトガルのパウレタはほとんどボールにさわれず見せ場は1回だけ。フランスのDFはベテランだけに動かないFWなら押さえ込める。策士スコラーニらしくない起用だったな。本大会のパウレタはあまりいいところがないのだから早くからシモンを入れてC・ロナルド、フィーゴとポジションチェンジをしてそこにデコが加わった攻撃をもっと早くに見たかった。フランスは最初からアンリのワントップでジダンが自由に動いて、そこにリベリーが突っ込んでくる。このパターンで今回も勝ってしまった。試合前はポルトガルがどれだけジダンを押さえるかと思ったけど、ちょっと自由にさせすぎだね。ジダン最後の大会はジダンの為の大会になるのかな。そういう流れを感じるね。
フランス 1-0 ポルトガル
2006FIFAワールドカップ オフィシャルサイト

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする