『ブルータワー』 石田衣良

『ブルータワー』の詳細をアマゾンで見る
脳腫瘍で残り僅かになった時に人間はどうやって生きる希望を見いだせるだろうか。未来で起きる人類崩壊の危機。驚異のインフルエンザウィルス。石田衣良氏は9.11の事件を見てこの本を書こうと思った。いろいろなメッセージを込めながらも堅苦しくなく文章にのめり込ませるストーリーはさすがだね。場所が新宿というのもよくて、大江戸線の東新宿駅や新宿御苑などが出てきて妙にリアリティがあったりする。IWGPでもそうだが、固有名詞が多く出てくるので物語が身近に感じるからスラッと面白く読めてしまうんだろうな。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする