2006年8月 7日

【全英女子OP】最終日、宮里藍は9位、横峰さくらは16位

藍ちゃんは最終日にパー5全てでバーディーを奪うなど6バーディー1ボギーの67をマークして9位になった。最終日にこれだけのスコアで回れるのだから3日目の75がなければと思ってしまうね。グリーンがうねって難しいけど、初コースで67が出せるのだから実力はかなりアップしているとみていいでしょう。9位ということは来年の出場権も確保。秋には日本に戻って来るらしいが、出来ればその前にアメリカで初優勝を期待したい。

さくらはおやじが3日目のインタビューで「ここのグリーンは5年住まないと読めない」というキャディー失格発言をしていたが、頑張って1アンダーの71で16位になった。15位だったら来年も出場出来たのに残念。解説の岡本綾子さんも言っていたが「キャディーはプレイヤーが選ばなくてはいけない」。芝が読めなくて泣きが入るようなキャディーではダメだね。さくらが自分で父親を選んでいるのなら海外での活躍は見込めないだろう。

不動裕理が海外で成績を残せないのはキャディーとのコミュニケーション不足ではないかと思う。ラウンド中の彼女を見ているとキャディーと会話をしているのはショットやパットの前だけ。それもひと言ふた言。不動も海外で活躍するためには青木さんや岡本さんのように強いだけではなくコミュニケーションが取れる(言葉は通じなくてもはっきりモノが言える)ようにならなければいけない。ジャンボ尾崎のように「海外ではダメ」な選手にはなってほしくないね。

tv asahi sports | 全英女子オープン
ニュース 宮里藍
LPGA.com

at 15:10 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。