『ナイチンゲールの沈黙』 海堂 尊

 『チーム・バチスタの栄光』の続編と言うべきか、今回も東城大学医学部付属病院を舞台にした話。冒頭からゴテゴテに飾られた言葉の洪水にうんざりしながらも読み進めるとその面白さに嵌ってしまった。前作で登場した愚痴外来の田口先生や藤原看護師はやや引き気味で、今回は看護師の浜田小夜嬢と入院患者の牧村瑞人が主導権を握って話が進む。前作同様に登場人物が多くて、物語につっこんでくるので人物像をイメージしながら読んだ。前作ほどのパンチ力はないがそれなりに楽しめることは間違いない。

 東城大学医学部付属病院・小児科病棟に勤務する浜田小夜。担当は、眼球に発生する癌―網膜芽腫(レティノブラストーマ)の子供たち。眼球を摘出されてしまう彼らの運命に心を痛めた小夜は、子供たちのメンタルサポートを不定愁訴外来・田口公平に依頼する。その渦中に、患児の父親が殺され、警察庁から派遣された加納警視正は院内捜査を開始する。小児科病棟や救急センターのスタッフ、大量吐血で緊急入院した伝説の歌姫、そこに厚生労働省の変人・白鳥圭輔も加わり、事件は思いもかけない展開を見せていく…。

ナイチンゲールの沈黙

posted with amazlet on 07.05.30
海堂 尊
宝島社 (2006/10/06)
スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

コメント

  1. 海堂尊『ナイチンゲールの沈黙』

    ナイチンゲールの沈黙宝島社このアイテムの詳細を見る
    今回は、海堂尊『ナイチンゲールの沈黙』を紹介します。帯には、メディカルエンターテインメントと記載され…