2007年6月 4日

【女子ゴルフ】上田桃子、価値ある2勝目

 リゾートトラストレディスの最終日はトップスタートの上田桃子が順調にスコアを伸ばしてこのまま逃げ切りかと思われたが、不動裕理がバーディーラッシュで追いかけてきて11番で並ばれ、12番で不動が逆転、13番で上田がバーディーを取って再び並んだ。17番のパー3で不動が再びバーディーを奪って逆転。最終ホールの18番では上田がピンに近いところに付けてここでバーディが取れればプレーオフ。凄く緊張する場面でこれまでだったら外していたようなパットを見事に決めた。プレーオフで不動がまさかのザックリ。これで、上田の優勝が決まった。

 上田はかなり精神的には追いつめられていたようだが、その中でもしっかりプレー出来たのは初優勝とその前に優勝を逃して涙した経験があったからだろう。初優勝は勢いでしてしまう事もあるが、2勝目をこういう厳しい中での掴んだのは彼女に取って勝ちのある2勝目だと思う。

 インタビューで「藍ちゃん、さくらちゃんのようにギャラリーから応援がもらえるような選手になりたい」と言っていたが、もう十分に応援しがいのある選手になっていると思う。これからは「藍ちゃん、さくらちゃん、桃ちゃん」と呼ばれるようになるかな。

 女子ゴルフは不動が戻ってきて、横峯さくら、上田桃子、諸見里しのぶなど若手がいて、韓国勢もいたりして面白い。それに比べて男子は・・・。先週のJCBクラシックは近藤智宏が勝った(通算3勝目)が追いかける方がボロボロになっての勝利。これで、連勝でもしてくれると見た目がいいから人気も出るんだろうけど無理だろうな。

 上田桃子 ~ 桃尻 桃子の「待ってろ世界!」
 日本女子ゴルフ協会 LPGA


at 11:48 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。