『独り群せず』 北方謙三

スポンサーリンク

 主人公は大塩平八郎の乱を描いた『杖下に死す』に出てくる光武利之。彼は幕府お庭番の村垣淡路守定行を父にもつ剣豪。妾の子として表舞台にはでないが裏で暗躍する。話は大塩平八郎の乱から20年後のこと。光武利之は剣を捨て大阪で料理人として静かに暮らすが、幕末の騒がしさが勝手に光武に押し寄せてくる。
 この本だけでも楽しめるが『杖下に死す』を読んだ方がいいでしょう。北方謙三の描く時代小説は堅苦しくなく、時代劇版のハードボイルドと言っていいでしょう。これまでと少し違うのは主人公が料理人なので料理に関することが多く出てくる。これも、また面白い。読んでいて肌がヒリヒリする感覚を味わえるのも僕は好きです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする