『雷神の筒』 山本 兼一

スポンサーリンク

 織田信長に鉄砲の威力を伝え、戦に鉄砲のあり方を進めた橋本一巴の生涯を描いた作品。橋本一巴の鉄砲に掛ける思い、こだわりという部分では面白い。また、鉄砲と言えば雑賀孫一だが、孫一と一巴との絡みというのもいい。ただ、信長の激しい気性からするといつでも殺されてもおかしくないのに、起用し続けるあたりはこれまでの信長と違った印象を受けた。出来れば、もっと橋本一巴に傾倒したら面白いと思った。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする