2007年10月19日

ブリヂストンオープン2日目 石川遼は最下位で予選落ち

 初日は3アンダーだった石川遼。予選通過はするだろうと思っていたら、2日目は出だしからボギー、パー、ボギーときてトリプル。5ホール回って昨日の貯金を使い2オーバー。ここで踏ん張れればと思ったけど、どうしようもないぐらいにドライバーが曲がっていました。多分、疲労がたまって身体がいうことを利かない状態なんでしょう。若いから疲れを感じにくいかもしれないけど、プロの試合を立て続けにこなしているのは相当ハード。試合は予選2日間、決勝2日間の4ラウンドだけど、練習ラウンドもこなしているからね。体力的にまだプロの身体ではないので、東海クラシック、日本オープン、ブリヂストンオープンの3連戦はきつかったんでしょうね。

 この後のプロの試合は11月8日からの太平洋マスターズ、11月15日からのダンロップフェニックス、そして11月29日からの日本シリーズ。ビッグトーナメントが続くけど大丈夫かな。身体のケアをしっかりしてせめて予選通過をしないとね。石川遼が出場すれば観客数も視聴率も上がる。だけど、このままでは石川遼らしいゴルフは見られない。どこかでゆっくりと身体を休める時間が必要だと思う。でも、彼は期待されると応えようとするから試合には出るんだろうな。大丈夫かぁ!石川遼!

 JAPAN GOLF TOUR Official Homepage

at 15:48 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。