2009年3月28日

『第三の時効』 横山秀夫

 短編集だけど、連作なので読み応えはある。F県警には一班から三班まで三つの班があるが、それぞれが精鋭で事件を次から次へと解決していく。主役は個性ある班長ではないが、班長の存在感が凄い。最初は重たい雰囲気の内容なのでページが進まなかったが、読み進んでいくうちにのめり込んでしまった。多分、再読だと思うけど充分楽しめました。このF県警を舞台にした短編は続編が出ているようなので単行として一冊になるのが待ち遠しです。

第三の時効 (集英社文庫)

at 19:46 | BOOK | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。