アシックス GT-2000 NEW YORK 6 を購入

アシックスのGT-2000 NEW YORK 6の価格が下がったので購入しました。GT-2000 NEW YORKは3世代目ぐらいから履き続けています。それまでにはナイキやニューバランスなども履いたのですが、GT-2000 NEW YORKが一番履きやすいので、今まで履き続けています。

前作のGT-2000 NEW YORK 5は昨年の10月にイエローとブルーの2足を購入しました。先日までにイエローは800km、ブルーは770km走ったので今回のGT-2000 NEW YORK 6の購入に至りました。

GT-2000 NEW YORK 6はモデル最軽量

前作のGT-2000 NEW YORK 5と比べて15gぐらい軽くなっているようです。走っていてその軽さは実感できるほどではないですが、まあ楽なんでしょうね。シューズの機能云々については下のサイトに開発者のコメントがありますので、素人の僕があれこれ言っても信憑性がないので(^^ゞ

GT-2000 NEW YORK 6を企画担当責任者が語る。「快適に走るための大人気エントリーモデルです。」
フルマラソンを目指して走り始めた多くのランナーを中心に愛用され続けている「GT-2000」シリーズ。今回は、12月に発売されたばかりとなる最新モデルの「GT-2000 NEW YORK 6」の企画担当責任者である木村氏に、進化した軽量性や快適性等について話していただいた。

新しいシューズを購入するときの不安というのは、長い距離を走ったときに足に違和感を感じて走りにくかったりしないかどうか。僕がGT-2000 NEW YORKを履き続けるわけには新しいモデルでも足に違和感をそれほど感じさせずに馴染むからなんです。

新しいシューズと700km以上走ったシューズでは履き心地が違うのは当然です。新しいシューズはどこもへたっていないのでフィット感が抜群にいいのと、ソールの反発(反り戻り)がいいのと、クッション性がいいです。最初はソールがやや硬めに感じるのとそのせいで踵の浮きがちょっと気になっていましたが、5キロぐらい走ると踵が入ってくるので違和感がなくなりました。これは、GT-2000 NEW YORK 4から5に買い替えた時よりも良かったです。

GT-2000 NEW YORK 6はあらゆる面でGT-2000 NEW YORK 5を上回っているようですが、極端な性能の変化は僕は感じられませんでした。でも、前よりも良くなっているはずなので安心して履けるのがGT-2000 NEW YORKのいいところだと思います。

付属のインソールはクッション性はいいのですが、踵がブレる感じがするのでいつも入れているシダスのランニング用 ラン 3Dに入れ替えています。インソールを入れて走るようになってからは足に痛みを感じることがないので、今では欠かせないアイテムです。

現在のシューズとインソールの組み合わせ

GT-2000 NEW YORK 5 イエロー カスタムバランス

GT-2000 NEW YORK 5 シダス ランニング 3D

GT-2000 NEW YORK 6 シダス ランニング 3D

GT-2000 NEW YORKシリーズは人気商品ですが、秋冬の新作が出る前に価格が安くなるのでその時に購入するのがお得です。僕も価格が下がってから買うようにしています。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする