I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ 中継機 コンセントタイプ WN-AC1167EXP

家のネット環境を改善しようと思い、無線LANの中継器を買ってみました。

我が家はソフトバンク光を利用しています。ルーターは2階に設置、パソコン(デスクトップ)は1Fに設置。接続機器はパソコンの他にiPhoneが2台。1Fのパソコンの電波状況は扇5が扇4なので凄く悪いというほどではないけど、安定していない感じがしたので。

購入したのは『I-O DATA Wi-Fi 無線LAN ルータ 中継機 11ac/n/a/g/b 867Mbps コンセントタイプ WN-AC1167EXP』

設定は簡単で、説明書に書いてある通りに本機(WN-AC1167EXP)をソフトバンク光のルーターの近くのコンセントに差して、ルーターの無線を拾ったのを確認出来たら、ルーターの機能ボタンを2秒長押しで設定できます。

本機の設定が完了したので、中継地点のコンセントに差してパソコンで電波状況を開くと
ソフトバンク無線LANルータのSSID
IODATA無線LAN中継器のSSID
が両方とも扇5のところ扇5で表示されました

どちらで接続をしてもいいのですが、スピードテストをしたところ若干IODATA無線LAN中継器のSSIDの方が速いので、こちらをデフォルトの設定にしました。

パソコンは、有線で接続する方がいいのですが、配線をするのにコストが掛かるので今は無線LANで我慢してます。まあ、回線速度を要求するような使い方はしていないのでストレスはそれほどないです。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする