『太閤私記』と『續 太閤私記』花村萬月

花村萬月が描く豊臣秀吉とは。タイトルに私記とあるように花村萬月ならではの秀吉が描かれていた。

太閤私記 猿が木下藤吉郎になるまで

針売りの日吉丸(秀吉)は種無しというところから、女性に対する扱いにたけているというところなどどうして秀吉に子供が出来なかったかを細かく書いたり、信長の世継ぎを生んだ吉乃は実は日吉丸といい中だったが、信長に取り繕うために与えた女だったとか。萬月さんらしくて面白い。また、これまで萬月さんの作品に出てくる主人公と同じように内面をジクジクと書いているのもいい。

性描写がエロかったり、言葉が難しかったりするのはいつもの事。秀吉も例外ではなく、秀吉だからこそ、萬月さんらしさが出たのかもしれない。

續 太閤私記 全てを手に入れた後は

信長が明智光秀に討たれ、明智光秀も討伐されていよいよ秀吉も天下人に。しかし、種無しで世継ぎがいなかったり、出自が出自なので譜代の家臣もいない。結局は独りぼっちで、天下を取った後は何をしたらいいのかが分からず少しづつおかしくなっていく。韓国出兵も実は出自と関係があったという。

これまでの秀吉とはかなり違って見えたが、心の葛藤をこれでもかというぐらい書かれているので、読み進めているうちにそうかもしれないと思ってしまった。なぜ、そうなのか?を突き詰めていくとこうなるのか。だから、こうなのだ。なるほど。

萬月版秀吉像が薄れないうちに他の秀吉も読んでみたい。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする