『魔女の笑窪』 大沢在昌

BOOK

 主人公が女性なのでどんな話かと興味を持って読んでみた。この本は短編の連作で前半は闇社会のコンサルタントとして活躍する。後半は彼女の生い立ちが徐々に分かってきて、クライマックスを迎える。
 荒唐無稽の話だが、どこかに存在していてもおかしくないのかもね。主人公の水原がもうちょっと人物像が浮かび上がるようなリアリティがあると面白いと思ったし、この主人公に笑窪は似合わないよな。大沢作品としては軽い感じで読み終わった。続編があるよなので読んでみようかな。
魔女の笑窪