今週は1銘柄売却、2銘柄新規購入、2銘柄追加購入

資産運用

 今週の株式売買は動きの鈍かった銘柄を購入価格で売却。バルチック指数がよくなっている海運株と公共事業関連株をそれぞれ1銘柄ずつ購入。そのほかに素材メーカーと太陽電池関連の銘柄を追加しました。
 今週は月曜日に反落して一時9000円割れになった。火、水曜日と上げたが上値が重くて9400円に届かず。NYダウが下げ続けているので木、金曜日と続落。1週間の値幅が400円ぐらいで、上値は9500円、下値は9000円と言ったところのボックス相場なのかな。円高になっているが、これはドル円に限った事でユーロ円は連動していない。ドルが主要通貨に対して売られているようです。欧州の景気はよくなっていないので、そのうちドルが買われるでしょうね。円高になっても思ったほどに自動車、電気の大型株が売られていない所をみると切り返しのタイミングを待っているような気もしますね。
 持ち越し銘柄は2607不二製油、8031三井物産、9401TBS、9432日本電信電話+公共事業関連、太陽電池関連、海運、ロボット関連、素材関連の9つ
 2607不二製油は徐々に上がって来ましたね。テクニカル的にもまだ上昇するけどどこかで調整があるかも。だいぶ高いところで買ったので、どこまで上がってくれるか。8031三井物産は野村がレーティングで目標株価を上げたようにこれから上がると思う。商社の中では8001伊藤忠の動きが強いのでどこかで乗り換えるかもしれない。9401TBSは先週の金曜日に大きく下げてから軟調。25日移動平均も割ってしまったね。今週からMR.BRAINが始まるのでキムタク需要なんてないかな~。9432日本電信電話はジリジリ下げていますね。決算時は大きく上げたけど買残が多いので上値が重いです。ロボット関連は楽しみなんですよね。大口の空売りが入っているので、踏み上げを期待しています。今は上げ相場なので売りよりも買い主体で。
 来週後半は値動きがありそうなので、どこかで利益確定してキャッシュポジションを確保したいと思う。