今日(4月24日)の新型コロナウイルス 東京都では161人の感染者が発生してしまいました。

OTHERS

緊急事態宣言が出されて17日目です。昨日、スーパーで3密状態が続いていることについて、小池都知事から買い物は「3日に1回」でというお願いが出ました。すると、あるスーパーでは朝から買い物客が列をなすという状態になったようです。スーパーも大変ですね。

今日の東京都の新型コロナウイルス感染者は161人

またしても、100人以上の感染者が出てしまいましたね。2週間前は感染者が188人に判明し、そのうち8割弱にあたる147人の感染経路が不明でした。年代別では20代が48人、30代が44人で、40代以下が124人と6割以上もいました。この感染経路不明の人たちがどういう行動をとったのでしょうね。緊急事態宣言が出ても外出や接触が減らないことがいま出てきているという事でしょう。だから、政府もきつめの対策を打ち出すことになってしまったようです。その標的がパチンコ店ですね。もしかしたら、パチンコ店を感染源とする感染者が多くいるのかもしれないのかな?

「いのちを守る STAY HOME 週間」1都3県共同キャンペーン

「いのちを守る STAY HOME 週間」1都3県共同キャンペーン|その他の情報|東京都政策企画局
 4月7日に国から発出された「緊急事態宣言」の下、1都3県が緊急事態措置を講じ...

東京都の小池知事が、今月25日から来月6日までの12日間を「ステイホーム週間」として出来るだけ外出を避けようというキャンペーンを打ち出しました。これは、東京都と隣接する埼玉、千葉、神奈川も同時に取り組むようです。約2週間弱ですが、ここでどのぐらい接触機会を減らせるかですね。休業の要請対象になっていない企業は結構ありますから、その企業の従業員がテレワークが使えない業種だと出勤(移動)するしかないですからね。

少しずつ感染者が減少するという事態は都も政府も避けたいでしょう。というのも少しずつということは上がったり下がったりを繰り返しながら徐々に下がるので、いつ緊急事態宣言を解除したらいいのか判断に迷います。となると、企業活動がいつまでも停止したままで経済が回らなくなります。となると、資金繰りが困難になり倒産する企業が続出し、失業者が増加してしまいます。そうならない為にはもっと厳しい対策を打ち出して、移動制限をしないとダメでしょうね。

東京都が基本的に休止を要請する施設一覧

対象施設一覧【令和2年5月25日をもって緊急事態措置終了】
東京都総合防災部の公式ホームページ。東京都内の避難情報など災害に関する情報を発信するとともに、事前の備えや都の取組を紹介しています。

休止要請を対象にも関わらず、休止していない企業は結構ありそうですね。今回はパチンコ屋が標的になりましたが、全部まとめて一気にやったほう(企業名の公開)がいいのではないかな。