グラファイトデザイン ツアーADのポジショニングマップ

Golf

 

グラファイトデザインのホームページを見ると、カタログにツアーADのポジショニングマップが出ています。これを見ると、どのシャフトがどういう特性なのかある程度つかめると思います。松山英樹プロが使用して人気のDIは中弾道で、フェード系に位置します。また、シャフトごとに剛性ゲージが出ていて、これを見るとDIはキックポイントはやや手元寄りの中調子で、先端剛性が高いシャフトです。XCはキックポイントが手元で、中間から先端にかけて剛性が高いシャフトです。

今、使っているシャフトの特性を知るには非常に見やすいです。他社に先駆けてここまで出してくれるとありがたいですね。

 

 

2019年のポジショニングマップ

出典元:グラファイトデザイン

 

2021年のポジショニングマップ

出典元:グラファイトデザイン