新型コロナウイルス 東京都の新規陽性者数は来週ごろがピークになると予測される

OTHERS

今日の、東京都の新型コロナウイルス新規陽性者数は1万7433人でした。今週に入って1万人を超える新規陽性が出ていますが、いつがピークになるか気になるところ。そこで、予測をしているサイトはないかと探してみたら、いくつか出てきました。その中で、これはと思うのがQUICK Money Worldの「東京都のコロナ新規感染者数ピークはいつ?複数データで予測」という記事。

東京都の新型コロナ新規感染者数は減少傾向 予測モデルの方向感と一致(3月4日更新) - |QUICK Money World - 株式投資・マーケット・金融情報の総合サイト
※新型コロナウイルス新規感染者数の第6波の動的予測については、3月4日をもって更新を停止いたします。 【QUICK Money World】シンクタンク山猫総合研究所代表の三浦瑠麗氏ら「CATs(Collective A

こちらでは予測をするのに「当日の感染者数、人流、SNS、検索量など、最新のデータを使い、台風の進路予想を毎日計算するように、新型コロナの感染動向も毎日予測する。」とある。その結果が、以下のデータになる。

現在が『パニック』の位置で、来週には『絶望』になり、再来週には『希望』に変わるようです。人々の行動変容は日々の新規陽性数を見ながらになると思うんですね。ですから、先週の月曜日が3719人で、その週の土曜日に1万1227人と一気に3倍以上になり1万人を超えてきた。第5波のピークが5700人ぐらいでしたから、その倍になったといいのはインパクトがあったのではないかと思います。そして、今週は毎日1万人を超えて、2万人に行くのではと思うほどに。となると、「やばい」と感じる人が増えてくる。すると、飲み会を延期する人が増えてくる。そうなると、減少に転じるでしょう。

メディアでは連日過去最高の新規陽性数と報道していますが、一向に減らないところを見ると人々の行動は変わっていないのかと。それでも、どこかでピークは訪れるわけでそれがいつになるかですね。このまま、増え続ければ社会インフラがマヒするのも時間の問題ですからね。

これまで、自分の近くに新型コロナウイルスに感染した人がいなければ対岸の火事ではないですが、いまひとつ危機感がないかと。まんえん防止が発令されても居酒屋でお酒を飲んで楽しく会している人は多いわけだし、小さい子が食事の時に会話に注意などできるはずもないし。

大人が感染して、子供にうつして。その子供が友達にうつして、友達が家で親にうつして。どこで、うつったかを追いかけるのも大変な状況になってきたわけです。

新型コロナウイルスは飛沫感染すると言われているので、マスクを外した時が一番危ない。いままで、大丈夫だったからと言ってそれが永遠続くはずがない。マスクをしていない状態で、不特定多数が集まる場所でお酒を飲めば、感染する可能性はある。みんながみんな気を付けているわけではないからね。

先日、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)のデータを使ってた「COCOAログチェッカー」について書きましたが、今日も18件の新規陽性者との接触がありました。2週間で18件、しかも新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)を入れている人だけなので、アプリを入れていない人もいるわけで、もっと多くの新規陽性者との接触あったと思っています。

会社の人に「COCOAログチェッカー」を試してもらったところ49件出ました。通勤で東京と千葉を往復しているので、仕方がないですね。通勤時はマスクをしている人がほとんどなので感染はしないですが、なんか嫌ですよね。

来週の新規陽性者数が前週の同じ曜日よりも減少している日あるとピークアウトの傾向に変わるでしょうね。早く、収束してほしいけどまだまだかな。予測が当たるといいのですが。