4165プレイド 約1年ぶりに900円を回復

資産運用
スポンサーリンク

今週のプレイドは850~875でもみもみしていましたが、週末に900円を超えて終わりました。終値で900円を超えたのは昨年の6月29日以来、実に約1年ぶりに900円を回復しました。また、売り残が増えて倍率も6.47といい感じになってきました。そこで、今週もAIに今後のことを聞いてみました。

今回はOpen AIのChatGPTとAnthropicのClaudeに「添付のチャートはプレイド(4165)の日足と週足です。今後、考えられることを教えてください。なお、短期、中期、長期に分けて見解をお願いします。」と聞いてみました。

 

<response>
# 添付のチャートはプレイド(4165)の日足と週足です。今後、考えられることを教えてください。なお、短期、中期、長期に分けて見解をお願いします。

 

## 🗒️ Answer

### 短期 (1週間〜1ヶ月)
短期的には、プレイド(4165)の日足チャートを見ると、株価が上昇トレンドを形成していることがわかります。移動平均線(20日、50日、100日)が上向きになっており、短期的な上昇の勢いが感じられます。特に20日移動平均線(青線)が50日移動平均線(緑線)を上抜けており、ゴールデンクロスのサインが出ています。出来高も増加傾向にあり、短期的には更なる上昇が期待されます。

 

### 中期 (1ヶ月〜3ヶ月)
中期的には、週足チャートで株価が長期の移動平均線(200日移動平均線、紫線)を超えていることが注目されます。これは中期的なトレンドの転換を示唆しています。現在の価格は最近の高値圏にあり、このまま維持できるかどうかが重要なポイントです。中期的には、重要なサポートラインを割らない限り、安定した上昇トレンドが続く可能性があります。

 

### 長期 (6ヶ月〜1年)
長期的には、週足チャートでの分析が重要です。週足では、過去の長期下落トレンドが終了し、横ばいから上昇トレンドへの転換が見られます。200日移動平均線を超えたことで、長期的にもポジティブなサインが出ています。ただし、長期的な安定上昇には経済状況や業績の安定が必要です。今後も定期的に企業のファンダメンタルズを確認しながら投資判断を行うことが推奨されます。

 

## 🌐 Sources
1. [kabutan.jp – プレイド【4165】の株価チャート](https://kabutan.jp/stock/chart?code=4165&ashi=1&tech=1_3,2_5)
2. [日本経済新聞 – 【プレイド】[4165]チャート](https://www.nikkei.com/nkd/company/chart/?scode=4165)
3. [Yahoo!ファイナンス – (株)プレイド【4165】:株価・株式情報](https://finance.yahoo.co.jp/quote/4165.T)
4. [minkabu.jp – プレイド (4165) : 株価/予想・目標株価 [PLAID]](https://minkabu.jp/stock/4165)
5. [IFIS株予報 – 4165 プレイド – チャート](https://kabuyoho.ifis.co.jp/index.php?action=tp1&sa=report_techchart&bcode=4165)
</response>

 

 

Claude
Claude

プレイド(4165)の株価チャートを分析した結果、以下のような見解が考えられます。

 

## 🗒️ Answer

1. 短期(1-3ヶ月):
– 上昇トレンドが続いており、直近で900円を突破しました。
短期移動平均線が長期移動平均線を上回っており、上昇モメンタムが強いです。
– ただし、RSIなどの技術的指標が過買い圏に入っている可能性があるため、一時的な調整も考えられます。

 

2. 中期(3-6ヶ月):
– 週足チャートを見ると、底値からの反発が顕著で、上昇トレンドが形成されつつあります。
– 移動平均線のゴールデンクロスが確認でき、中期的にも上昇基調が続く可能性が高いです。
900円台を維持できれば、1000円を目指す展開も考えられます。

 

3. 長期(6ヶ月以上):
– 週足チャートの長期的な下降トレンドが反転し、上昇トレンドに転じつつあります。
– 株価が主要な移動平均線を上回っており、長期的な上昇の可能性が示唆されています。
– ただし、過去の高値である4000円台まではまだ距離があり、徐々に上昇していく展開が予想されます。

全体として、プレイドの株価は上昇トレンドにあり、特に短期から中期にかけてポジティブな展開が期待できます。ただし、市場全体の動向や企業の業績にも注目する必要があります。

 

## 🌐 Sources
This analysis is based on the provided stock chart images and general technical analysis principles. No external sources were used.

 

短期では上昇トレンドのようですが、外的要因で調整も考えられます。まずは、900円でもみもみしてから次の上昇に入る可能性がありそうです。

 

コメント