2004年11月 9日

コスモバルクがルメール騎手でJCに

スポーツ新聞各紙に出ていたけどコスモバルクがルメール騎手でJCに出走するようだね。

コスモバルク(田部、牡3)は、次走のジャパンC(28日、東京、GI、芝2400メートル)で、フランスのクリストフ・ルメール騎手(25)が手綱を取ることになった。オーナー側の意向によるもので、8日に田部和則調教師が明らかにした。JC後に予定されている有馬記念(12月26日、中山、GI、芝2500メートル)では、五十嵐冬樹騎手(29)に再び手綱が戻る。
オーナーの岡田繁幸氏は「国際レースだし、地方道営の馬に国際的なジョッキーを乗せてみたい」と言っているようだが、あれだけの馬だからどこかで勝たせたいんだろうね。馬は敏感な動物だから鞍上の緊張感も伝わるんだろうね。特に五十嵐騎手のように何度も乗っている騎手だと。その点、乗り替わりのルメール騎手なら気軽に乗ってくるだろうしコスモバルクの新しい面?も引き出せるかも知れないからJCでの走りが楽しみだね。


at 14:11 | 競馬 | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。