『背負い富士』 山本一力

背負い富士
清水の次郎長を描いた作品なんですが、山本一力さんの思い入れがつよいのか詰め込み過ぎで話が途切れてしまっていた。いつものような面白すぎてグイグイ引き込まれるような感じはなかったですね。次郎長の幼少のころから書かれているので上下巻とかにしてくれたらはまったかもしれないね。山本一力さんの作品では「損料屋喜八郎始末控え」「草笛の音次郎」「あかね空」「深川駕籠」などが面白い。
amazon.co.jp > 山本一力の作品

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする