2006年6月19日

【全米OP】ミケルソンが最後の最後で大きなミス

ウイングドフットGCの最終18番ティーグランドに立ったフィル・ミケルソンはここをパーで上がれば優勝。しかも、メジャー3連勝となる。その大事なティーショットでミスが起きた。これまでのホールではティーショットのミスはアイアンでカバーしていたが、最後の最後にきてミスの連発。ラフからバンカーへ、そしてラフへ。ボギーで上がればプレーオフだったのに、最後の最後でゴルフの神様にそっぽを向かれてしまったね。

優勝したのはオーストラリア出身のジェフ・オグルビー。ビッグネームばかり気にしていたので知らなかったが、タイガー・ウッズと同世代で実力はあったがビッグネームの陰に隠れていた存在だったらしいね。

とにかくフェアーウェーに置かないとパーが取れないという難コース。1mちょっとのパットが入るように見えないだからプレイヤーは最初から最後まで緊張の連続だったろうね。ラフは深いし、グリーンはうねっているし、カップは嫌らしい所にきってあるし。優勝スコアがオーバーパーというのだから見ている方も痺れたよ。日本人ではただひとり今田竜二が予選をギリギリで通ったが、ショット、パットともに安定していて終わって見れば12位タイ。他の選手が崩れる中、決勝ラウンドではたったひとりのアンダーパー。ラスト3ホールを我慢出来れば・・・・惜しい。ワールドカップで気持ちがもやもやしていたけど、今田竜二の活躍でちょっとスッキリしたね。やっぱり日本人選手が世界で活躍する姿を見るのはいいね。

Official Web Site Of The 2006 U.S. Open
tv asahi sports | 全米オープン


at 18:40 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。