『チーム・バチスタの栄光』 海堂尊

スポンサーリンク
チーム・バチスタの栄光
海堂 尊
宝島社
売り上げランキング: 6002

 東城大学医学部付属病院では、心臓移植の代替手術であるバチスタ手術の専門チーム「チーム・バチスタ」を作り、次々に成功を収めていた。ところが今、三例続けて術中死が発生している。しかも次は、海外からのゲリラ少年兵士が患者ということもあり、マスコミの注目を集めている。そこで内部調査の役目を押し付けられたのが、神経内科教室の万年講師で、不定愁訴外来責任者・田口と、厚生労働省の変人役人・白鳥だった……。

 現役の医師が書いただけあって専門用語が飛び交い、手術の描写がリアルだ。チーム・バチスタの面々だけではなく主役の田口、準主役の白鳥、病院長の高階先生などキャラがたっているので映画のようで面白い。特に厚生労働省から調査にきた白鳥は奥田英朗『空中ブランコ』の主役・伊良部に匹敵するおもしろキャラ。この本の評判がいいのは知っていたが読めば納得だね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする