【NETJUKE】PCとLAN接続してみる

 先日はPCに入っているMP3ファイルをUSBに入れて、それをNETJUKEに取り込むことが出来た。今回はLAN接続でPCからNETJUKEへMP3ファイルを取り込んでみた。我が家の環境はルーターからハブを経由して有線LANで3つのPCに接続している。空きポートがあるのでそこにケーブルをつけてNETJUKEに接続した。
 僕は有線LANだが、無線LANの方が便利ですね。NETJUKEには前面と背面にひとつづつUSBジャックが付いているので(NAS-D50HD – 仕様表)、USBのネットワークカードを使えば場所も取らないし、選ばないから。
 実はPCとNETJUKEを接続するのに3時間以上も掛かってしまった。と言うのも説明書を良く読まずに「パソコン内の音楽を聞く-ネットワークメディア」という項目を見て設定していたんだよね。この項目はDLNA対応サーバーの接続方法を説明しているのでDLNAサーバーソフトが入っていないPCでは無理なんだな。これが、ソニーのVAIOならVAIO MediaというDLNAサーバーソフトがプリインストールされているので、設定も簡単でPC内の音楽を聞くことが出来るらしい。最近はDLNA対応のLAN接続ハードディスクがあるので、こういう物を使うといいかも。


 3時間も掛かってPC内の音楽が聞けないと言うことが分かったので、今度はPCのMP3ファイルをNETJUKEに取り込む方法をやってみた。エクスプローラからマイコンピューターを選択すると共有ドキュメントのアイコンが表示されるのでプロパティを開いて共有の設定で[ネットワーク上でこのフォルダを共有する]にチェック、共有名が[SharedDocs]になっていると思います。この共有名はNETJUKE側の設定で使うので変更してもOKですが、半角英数で入力しないとNETJUKEで認識出来ません。[ネットワークユーザーによるファイルの変更を許可する]にもチェックを入れます。

エクスプローラ
共有フォルダ

 ここまで出来たらあとは共有フォルダにiTunesに入っているMP3ファイルを入れるだけ。保存場所はiTunesを立ち上げ、ツールーバーから[編集]-[設定]を選択。設定画面から[詳細]-[一般]の[iTunes Music]フォルダの場所で確認。僕の場合は以下の場所でした。

C:\Documents and Settings\ユーザー名\My Documents\My Music\iTunes\iTunes Music

 階層を下がっていくとアルバム名がズラズラっと出てくるので、MP3に変換したアルバムをフォルダごとコピーして(MP3ファイルだけではなくアルバムごとがいいです)、共有フォルダに貼り付け。実際には共有フォルダの下に共有ミュージックというのがあるので、その下にMy Playlistsというフォルダを作ってそこに入れました。
 次にNETJUKE側の設定ですが、ファンクションで[HDDジュークボックス]から[PC共有フォルダ]を選び、コンピューター名「システムプロパティのコンピュータ名」、共有名「SharedDocs(共有フォルダのプロパティで確認)」、ユーザー名は任意で(僕はNETJUKEと入力)、パスワードは何もせずに[接続]を。これで、PCの共有フォルダに入れたアルバムが表示されました。[取込み]を選ぶとさっくりとNETJUKEに入ってしまいました。
 なんとかして、PC内のMP3を取り込めた。あとはiTunes内のMPEG-4 AACをMP3に変換するか、CDをシコシコと録音していくかですね。これから、iPodかWalkmanを買う予定。最近のWalkmanはMPEG-4 AACも取り込める。と言うことはiTunesのMPEG-4 AACはそのまま使えると言うこと。iPodの場合は、今の状態でNETJUKEに聞きたいCDをシコシコと録音。Walkmanの場合はSonicStageというソフトを使うのですが、iTunesのMPEG-4 AACを読み込ませることが出来れば手間が省けますね。まあ、この辺はおいおいと自分にあった使い方をこれから考えてみたい。

【SonicStageの機能】
1)音楽CDを以下の形式でSonicStageに取り込めます。
●AAC形式(.3gp)
320kbps/256kbps/192kbps/160kbps/128kbps/96kbps/80kbps
●HE-AAC形式(.3gp)
96kbps/80kbps/64kbps/48kbps/40kbps
●ATRAC形式(ATRAC3plus/ATRAC3)
●ATRAC Advanced Lossless形式
●WMA形式
●MP3形式
●WAV形式
2)ハードディスク上に保存されている以下の形式のファイルをSonicStageに取り込めます。
●AAC形式
●HE-AAC形式
●ATRAC形式(ATRAC3plus/ATRAC3)
●ATRAC Advanced Lossless形式
●WMA形式
●MP3形式
●WAV形式
※SonicStage/SonicStage CPで作成したファイルのみ再生を保証します。
カスタマーサポート

今後の為の参考になるHP
NETJUKE開発者インタビュー – SonyStyle
“NETJUKE”で広がる音楽の楽しみ方 | BUFFALO バッファロー
鈴木桂水氏が体験する「NETJUKEのある生活」 - 第1回:NET JUKEのどこがスゴイのか? AV&ホームシアターNews
【コラム】暮らしのサウンドビジュアル (1) オーディオのネットワークを考えてみる(1)
NETJUKE NAS-D50HD のユーザーレビュー 【価格.com】

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする