【大相撲名古屋場所】横綱対決は朝青龍の貫禄勝ち

スポンサーリンク

 千秋楽までもつれた優勝争いだったが、琴光喜が稀勢里に負けたことで朝青龍が勝てば優勝となった。新横綱白鵬と朝青龍の最後の一番は朝青龍の貫禄勝ちだった。立ち会いで白鵬を起こすとスッと二本差し、白鵬が苦し紛れに左上手を取りに腰が上がったところで一気の寄り。白鵬は立ち会いも悪かったが、無理な体勢から左上手を取りに行く悪いクセが出てしまった。これじゃあ、横綱同士の取り組みではないね。先場所の気迫があればもっといい相撲が取れたと思うな。
 僕は稀勢里が琴光喜を破って11勝してくれたことが嬉しい。まだ、格下に取りこぼしがあるがさすがに前頭六枚目まで落ちると力があるところを見せるね。まあ、今回は上位陣との戦いがなかったからこの結果は当然なんだけどね。
 goo 大相撲

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする