2007年9月 2日

【フジサンケイクラシック】谷原秀人が逃げ切る。石川遼は15位に。

 3日目がサスペンデッドになったが2日目終わってトップに立っていた谷原が逃げ切った。後半はショットがブレるシーンもあったが17番のバンカーからのチップインイーグルで優勝をグッと引き寄せた。追い上げるP・マークセンがなかなかバーディーが取れなくて結局は3打差をつけての優勝。昨年の全英でブレイクしたけどその後はパッとしなかった。今年は体調が悪くてなかなか上位争い出来なかったが、今週は万全というコメントもあり狙って優勝だから大したもの。これから安定して優勝争いしてくれるようだと男子ゴルフも面白いんだけどね。

 谷原には悪いけど今年のフジサンケイクラシックの主役は間違いなく石川遼だった。ギャラリーもメディアも石川遼を追いかけていましたね。これだけ、プレッシャーの掛かる中で1オーバーの15位タイは立派。彼はギャラリーが多い方が良いプレイが出来るようだね。それにしても、ラッキーが多い。どんなに曲がってもOBにならずにフェアウェイに戻ってくる。彼にはゴルフの神様がついているのかもしれないな。まだ、15歳。これからもっと飛ばして、もっとゴルフが上手くなって欲しいね。

 Fujisankei Classic 2007

at 18:54 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。