2007年11月 5日

【女子ゴルフ】上田桃子がアルバトロスで決めた

 LPGAの公式競技でもあるミズノクラシックはアメリカの選手が大勢参戦する大会。今年も多くの外国人選手が参加したが、大会を盛り上げてくれたのは上田桃子と初日、2日目と頑張った宮里藍の後輩・有村智恵。特に上田桃子は現在の賞金ランキング1位にふさわしいゴルフを見せてくれた。最終日は出だしの1、2番でバーディー、そして7番のパー5でアルバトロスを出してしまった。トップスタートでアルバトロスが出ると言うことは完全に上田桃子の流れ。岡本綾子からのアドバイスで守りに入らずに自分のゴルフに徹していた。

 今年は3勝しているが2位も多い。そして、不用意な発言で物議をかもし出したりもした。富士通レディースでは最終の18番でミスパットから崩れて逆転で横峯さくらに負けて号泣。いろいろあったが、その経験の分だけ強くなっているように思えた。1打差で迎えた18番も崩れる様子がなく、難なくパーをセーブして優勝。LPGAツアーの優勝なのだからもっとプレッシャーが掛かっていいのに表面的には普通の試合の様に勝ちを決めた。今回の賞金が大きいので賞金女王はほぼ上田桃子で決定的でしょう。

 残り試合はあと3つ。横峯さくらとしては賞金では追いつかないかもしれないが1勝すれば勝利数で追いつくので頑張って欲しいですね。それと、宮里藍ちゃんだがかなりの重傷だね。明るくプレーはしているけど、精神的には相当参っているだろう。早く身体のケアをして万全の体勢に戻し、タップリと練習をして自信を取り戻して欲しい。

 LPGA
 ミズノクラシック
 上田桃子 公式ウェブサイト

at 18:26 | Golf | Comments [0] | TB [0]


このエントリーのトラックバックURL:




保存しますか?


ご利用のブラウザ、設定ではご利用になれません。