必殺仕事人2009 第七話「金が仇」

ゲスト 津田寛治、渡辺いっけい、福本清三
 おりからの飢饉で藩の財政が苦しくなり、藩の大事を託された奥州黒川藩の侍・藤戸又兵衛が江戸にやってきた。江戸では藤戸又兵衛が昔助けてやった芳太郎が、今や江戸でも指折りの物産問屋・江上屋の主になっていたことを知った。藤戸又兵衛は江上屋芳太郎に相談して、江上屋の相場に乗ることに。そして、相場は暴落して又兵衛は江上屋に乗り込むが逆に殺されてしまう。
 時代劇なら良くある展開で、基本的なパターンですね。今回の見所は用心棒・香坂仁兵衛と主水の対決かと思いきやあっさり主水が仕事をしてしまった。出来れば、名脇役の用心棒・香坂仁兵衛役・福本清三さんに仕事をして欲しかった。時代劇の用心棒役(ほとんど悪役)と言えば福本清三さんと言うぐらい必ず出てきますからね。今回も主水に切られたあとの倒れるシーンはそれだけで迫力がありましたよ。
 必殺仕事人2009

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする